『なぜあの人とは話が通じないのか?』 by 中西雅之-Blog版
著者によるフォローアップblog。コミュニケーションの素朴な疑問に答えるヒントを提示していきます。
光文社新書 (06/05刊)

中西雅之

Author:中西雅之
*朝日新聞(7/3/05)に「書評」が掲載されました。
*STYLE(講談社)9月号「'05下半期・絶対読みたい本」の中で紹介されました。
*VoCE(講談社)10月号の「BOOK DRUGSTORE」で紹介されました。
*COSMOPOLITAN (集英社)10月号の「BOOKS」で紹介されました。
*日本コミュニケーション学会から「2006年度 学術表彰・著書の部 奨励賞」をいただきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンの学会
 11月16日~20の日程で、アメリカの歴史と文化に彩られた風光明媚なボストン市で全米コミュニケーション学会(NCA)の2005年度年次大会が開催され、研究発表もかねて行ってきました。1914年に創立されたNCAはコミュニケーション学の分野の学会としてはもっとも古い歴史と大きな規模(会員数:約8,000名)を誇っており、「全米」と謳っていますが、会員や学会参加者はハワイを含むアメリカ国内はもとより、世界43カ国を代表するまさにグローバルな学会です。各種のテーマに沿って、4、000名以上の研究者が4日間でおよそ2,800のセッションで発表をするのです。
 NCAではコミュニケーション学の広範な領域をそのまま表すかのように、現在37の研究部会(Division及びCommission)が活動しています。私が所属するのは異文化間コミュニケーション部会 (intercultural Communication Division)対人コミュニケーション部会(Interpersonal Communication Division) です。
 ただセッションに参加して関心分野が同じアメリカ人研究者の発表を聞くだけでも、大いに刺激になるものですが、自らの研究成果を発表し、フロアとの質疑応答やアメリカの大学研究者からのコメントが何よりもありがたいですね。コミュニケーションの研究者としては研究成果の発表の場として全米のトップクラスの研究者が一同に会するNCAは年に一度の大きなイベントで、運が良ければ普段は論文や著書を通してしか知ることのできない著名な学者をホテルのロビーでつかまえて直接言葉を交わすこともできます。また、かつて大学院でともに勉強した仲間との旧交を暖める機会でもあり、毎年楽しみにしています!

スポンサーサイト

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。