『なぜあの人とは話が通じないのか?』 by 中西雅之-Blog版
著者によるフォローアップblog。コミュニケーションの素朴な疑問に答えるヒントを提示していきます。
光文社新書 (06/05刊)

中西雅之

Author:中西雅之
*朝日新聞(7/3/05)に「書評」が掲載されました。
*STYLE(講談社)9月号「'05下半期・絶対読みたい本」の中で紹介されました。
*VoCE(講談社)10月号の「BOOK DRUGSTORE」で紹介されました。
*COSMOPOLITAN (集英社)10月号の「BOOKS」で紹介されました。
*日本コミュニケーション学会から「2006年度 学術表彰・著書の部 奨励賞」をいただきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試問題になったこと
最近、複数の大学や受験雑誌、参考書の出版社から不思議な手紙をもらいます。「2006年度の入試問題に使わせてもらった」というお礼の手紙やら「大学入試の過去問集(いわゆる赤本)に掲載するので許可をもらいたい」といったものです。

自分が知らないうところで、多くの人の目に触れ、入試問題になっていたなんて想像するとうれしいやら照れくさいやら、複雑な気持ちになります。

実際、いろんな大学の国語の問題に使われていたようで、コミュニケーションというトピックが興味深いからなのかなと思います。

あと、最近は著作物の使用についていろいろうるさいらしく、印税が支払われるということです。もちろん額は、「何千円」と少ないですが、ありがたいことは確かです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nazeanohitotowa.blog23.fc2.com/tb.php/10-c6492b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去問の著作権について様々な視点

入試問題と著作権の問題についての僕の意見と対案はこちらに記した。 入試問題の著作権についてweb上では他にも様々な方が語っておられるので、バランスを取る意味でも、いろいろな視点からここにリンクをまとめていこうと思う。 「入試問題と著者」 実際に自分の文章が、 入試過去問と著作権を考えるblog【2006/05/28 00:11】
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。