『なぜあの人とは話が通じないのか?』 by 中西雅之-Blog版
著者によるフォローアップblog。コミュニケーションの素朴な疑問に答えるヒントを提示していきます。
光文社新書 (06/05刊)

中西雅之

Author:中西雅之
*朝日新聞(7/3/05)に「書評」が掲載されました。
*STYLE(講談社)9月号「'05下半期・絶対読みたい本」の中で紹介されました。
*VoCE(講談社)10月号の「BOOK DRUGSTORE」で紹介されました。
*COSMOPOLITAN (集英社)10月号の「BOOKS」で紹介されました。
*日本コミュニケーション学会から「2006年度 学術表彰・著書の部 奨励賞」をいただきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民を「感得」させた小泉さん
衆議院選挙で小泉首相の自民党が大勝し、負けた陣営からは自民党というより「小泉さん」ひとりにやられたという感想を漏らす人もいるようですね。反対勢力から「奇人・変人」、「独裁者」などと揶揄される一方で、「郵政民営化」への信念を貫き通す姿勢から、その「リーダーシップ」を評価する向きも少なくなかったようです。

ワンフレーズ・ポリティクス」という流行語まで生み出した小泉首相のコミュニケーションスタイルは、CMなどのキャッチフレーズにも通じるもので、単純明快、直接的で分かりやすく、ツッコミの余地すら相手に与えないという点で非常にユニークです。

具体的な内容については詳しく語らない、少々乱暴ではあるが、自らの「政治改革への熱い思い」をアピールすることに重点を置いた「情緒的戦略」が功を奏したという印象です。一方、他の政党はマニフェスト等で複数のテーマについて具体的な議論(論理的戦略)で対抗しようとして、逆に矛盾や一貫性の欠如を露呈してしまった感があります。

普段のコミュニケーションでも「理屈」では「感情」に勝てないことはよくあります。

イメージ先行と言ってしまえば、それまでですが、日本人にとっては、難しい議論はさておき、相手の言っていることが「何となく腑に落ちる」ことが案外重要です。頭でよく考えて「納得」するのではなく、心で「感じ取り、共感すること」、それが「感得」です。時には少年のような「ひたむきさ」をも見せる小泉首相が掲げた極度に単純化された「情緒的政治改革メッセージ」が国民を「感得」させたのでしょう。

時には、話の通じない相手を理詰めで「説得」するのではなく、「感得」させることをめざしてコミュニケーションしてみても良いのではないでしょうか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nazeanohitotowa.blog23.fc2.com/tb.php/6-ba3b0c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。